トップへ > SBIカードPlus(Visa) > SBIカードPlusは無条件キャッシュバックと還元率の高さで人気のようです。

SBIカードPlusは無条件キャッシュバックと還元率の高さで人気のようです。

sbi_plus.jpg

>>SBIカードPlusの月ごとポイント早見表はこちら
>>SBIカードPlusの基本情報

SBIカードPlusは、驚愕の最大2.3%のポイント還元率が魅力

SBIカードPlusはポイント率の算出がやや特殊で、やや扱いにくい印象があるかと思います。
ですが、その分ポイント還元率も他社以上に高く、SBIレベルとショッピングレベルはSBIカードPlusを使うにあたって重要な部分と言えるでしょう。

SBIレベル ポイント率
5 2% 2.10% 2.20% 2.30% 2.30% 2.30%
4 1.80% 1.80% 2% 2% 2% 2.30%
3 1.50% 1.50% 1.80% 1.80% 1.80% 2%
2 1.10% 1.10% 1.20% 1.20% 1.50% 1.50%
1 0.90% 1% 1.10% 1.10% 1.20% 1.40%
0 0.80% 0.90% 1% 1% 1% 1.30%
ショッピングレベル 0 1 2 3 4 5

【見方】
縦の列はSBIレベル
SBI証券や住信SBIネット銀行といったSBIグループ企業との取引状況に応じて変動していき、最初はレベル0からのスタートです。
SBIレベルをレベル5にまでもっていくには、下記に記載している商品を契約する必要があり、1つ契約するごとにレベルがひとつ上がっていきます。

1.SBIカードPlusの引き落とし口座を住信SBIネット銀行口座に設定
2.SBI証券総合口座の開設。
3.SBI損保の自動車保険に契約し、保険料をSBIカードPlusで支払う
4.ウォール・ストリート・ジャーナルの有料会員(月額16,560円)になる。
5.SBI住宅ローンのSBIモーゲージと【ブラット35】またはマイカードローンをカード会員本人が契約

ここでは分かりやすいようにざっくりと書いていますので、詳細についてはちゃんと公式HPで確認しましょう。

下部、横の行はショッピングレベル
これも特殊ですが、6ヶ月間のショッピング利用金額の累計が一定以上に達するとレベルが上がるようになります(下記図参照)

金額 ショッピングレベル
0〜25万円未満 0
25万円〜80万円未満 1
80万円〜100万円未満 2
100万円〜200万円未満 3
200万円〜300万円未満 4
300万円以上 5

そして、この2つのレベルを辿って、最初に出した表と掛けあわせて合致したところが現在のポイント率になります。
最初ですと両方0レベルなのでポイント率はたった0.8%しかないですが、使うに連れてこのポイント率もどんどん伸びていきます。
あまりショッピング枠を利用していなくても、SBIレベルが高ければ2%のポイント率は確保できます。

>>このページのトップに戻る

ショッピングモール利用でポイントが2倍に!

ショッピングモールを利用すればポイントが2倍になるというのは他の多くのカードでも比較的多く見受けられます。
しかしSBIカードPlusではただ持っているだけで最低段階での還元率が0.8%であり、他カードのポイント2倍付与と若干条件が違ってきます。

例をあげるとYahooショッピングでSBIカードPlusを利用すると、ショッピングモール利用時の還元率ボーナス2.0%に加え、従来のポイント還元率である0.8%が加算されて合計2.8%の還元率になります。
ぱっと見わかりにくい話ですが、この還元率は楽天カードの還元率よりも断然上です。

>>このページのトップに戻る

年会費永年無料+5000円からポイントの無条件キャッシュバック

SBIカードPlusは年会費が永年無料です。
もしETCを付与したいなら同様に年会費無料のSBIカードPlusのETCカードをつくれます。なおSBIカードPlusには家族カードはありませんのでご注意を。
また、SBIカードPlusではキャッシュバックに条件が付いていません。
5,000ポイント貯まるごとに1ポイント1円としてキャッシュバックが可能になります。

他のクレジットカードでもキャッシュバックをうたい文句にしているものは一部ありますが、それらはカード利用代金からキャッシュバック分が引かれて精算されているものが大半です。
つまり得しているようで実は損をしているなんてことも、あながち無いとはいえないのです。

月ごとの利用額別、ポイント早見表

SBIカードPlusの特殊な条件のうち、比較的SBIレベルが達成しやすい。
SBIカードPlusの引き落とし口座を住信SBIネット銀行口座に設定
SBI証券総合口座の開設。
SBI損保の自動車保険に契約し、保険料をSBIカードPlusで支払う
の3つをクリアしたSBIレベル3で割り出します。

月に利用する額 初年度 翌年度以降
- 獲得P 純還元額 P還元率 獲得P 純還元額 P還元率
3万円 450 450円 1.5% 450 450円 1.5%
5万円 750 750円 1.5% 750 750円 1.5%
10万円 1500 1,500円 1.5% 1500 1,500円 1.5%
15万円 2250 2,250円 1.5% 2700 2,700円 1.8%
20万円 3000 3,000円 1.5% 3600 3,600円 1.8%

ポイントは実際どうたまるのか?!〜Aさん一家の場合〜

例)Aさん一家の場合……夫婦2人、小学生の子供1人の家庭、月の収入30万円

内訳 かかる額
収入 300000
食費 70000
家賃 85000
水道光熱費 15000
電話代(携帯も) 18000
日用雑貨など 6000
服代 6000
交際費 35000
子供の費用 23000
保険料 12000
貯蓄 30000
その他 12000


このうち、青字の項目を全てカードで払うとする。

月々約15万円カードで支払うことになる。
この際、SBIレベルについては上で記した比較的取りやすいレベル3とする。

年間で、27,000円分お得だということに!

SBIカードPlusは還元方法がキャッシュバックなので…

支払いがカードなだけで、年間で、25,000円GET!!

【その25,000円でできること】
少しお金を足せば新型携帯ゲームが買えるでしょう。
また、家族で2泊3日の温泉旅行に行くのもまたひとつの手でしょう。
SBI証券の口座を持っている事を利用し、投資資金の一貫にするのもありといえましょう。

また、このキャッシュバックを利用してウォール・ストリート・ジャーナルの有料会員(月額16,560円)となることで、SBIレベルをもう一段階上昇させることができます。
するとポイント率は2.0%となり、翌年の純還元額では3600円の差を出すなんてことも……

SBIカードPlus 基本情報

国際ブランド VISA MasterCard
申込み資格 Eメールアドレスのある18歳以上(高校生を除く)で収入のある方
初年度年会費 無料
翌年度以降年会費 無料
カード発行期間 3週間から1ヶ月
利用限度額 10万円-90万円
支払い方法 標準コース(一括払い・リボ払い)
定額コース(最低金額以上で指定の一定額を毎月支払い)
ETCカード 無料
家族カード
電子マネー
キャッシング金利 15.00%

ポイント関係

名称 現金還元ポイントプログラム
ポイント付与 5000円ごとに5000ポイント
ポイント付与対象外
有効期間 1年間有効
還元方法 現金によるキャッシュバック
入会特典 新規入会で2,000ポイント
さらに1万円以上利用で5,000ポイント
ポイント還元率 0.8%〜2.3%
ボーナスポイント1 SBIレベルとショッピングレベルに応じてポイント還元率が変化
ボーナスポイント2
マイレージ移行航空会社
マイレージ移行レート
移行手数料 無料
マイレージポイント還元率
その他ポイント移行

保険関係

【海外旅行保険】

付帯条件
死亡・後遺傷害
傷害・疾病治療費用
賠償責任
救援者費用
携行品損害
海外旅行保険家族特約

【国内旅行保険】

国内旅行保険
国内旅行保険家族特約

【その他保険、サービス】

ショッピング保険
ネットセーフティ あり
その他の付帯保険 紛失・盗難保険
その他制度・サービス Ponta提携企業で200円利用ごとに1ポイント

>>このページのトップに戻る



すぐにクレジットカードを作りたい方に人気NO,1のクレカ

アコムマスターカード