トップへ > クレジットカードの裏技集 こんなに便利に利用できる? > 海外発行のクレジットカードを持つ上での注意!よくあるトラブルとは?

海外発行のクレジットカードを持つ上での注意!よくあるトラブルとは?

海外発行のクレジットカードといって何を連想しますか?
日本未公開のエグゼクティブ専用カード?(笑)
それともクレジットカードを使ったマネーロンダリング??

オフショアのために日本国外で銀行の口座を開くためには、それなりの苦労が伴いますが、海外発行のクレジットカードを持つことで、日本のクレジットカードでは店舗やインターネット上の買い物で使えないなどの不便を解消できます。


海外赴任や海外留学中の日本人にとっては、現地での生活を日本のクレジットカードだけで済ますのは心もとないはずなので、海外発行のものと日本発行のものとをうまく使い分けることができたらさらに便利です。


海外発行のクレジットカードを持つ時の注意点

ところで海外発行のクレジットカードを持つにあたって、どのような注意が必要でしょうか?


日本国外でクレジットカードを取得する際には、その国でカードが普及している国かどうかによって、ずいぶんと状況が異なることを知っておかなくてはなりません。


カードを取得するということは、普通は銀行口座の開設が前提となります。現地に居住していたり、長期滞在の経験がある友人などに、その国のクレジットカードの利用環境を聞いておくとよいでしょう。


また、敷居の高いクレジットカードの代わりにデビットカードを持つことをオススメします。通常のクレジットカードと違い申し込み時の審査が無いため、日本ではクレジットカードの取得困難な人でも、口座開設と共に発行されます。


海外のクレジットカードを使ってみて…ありがちなトラブル・欠点

ではここで、実際に海外発行のクレジットカードを持っている人が巻き込まれた、思わずトホホといいたくなりそうなトラブル×10を紹介しましょう。


使うもなにも、どうやったら持てるのかわからない「とほほ」

米国などを初めとした先進国では、銀行口座の開設にあたっては、一般的に、ソーシャル・セキュリティー番号の他、運転免許証などの身分証明書が必要とされるのが普通です。あらかじめ必要とされる書類を提出先の銀行に聞いておくなど、十分な準備をしてから申し込みを行うべきです


何とか申請しても、実際にカードが手元に届くまで1〜2カ月以上かかってしまい、それまでの間、全くカードが使えず「トホホ」な思いをしたという話しをよく耳にします。赴任後、しばらくの間は日本に口座を残しておいて、そこから利用代金が引き落とされるようにしておきましょう。


そもそも利用できない店舗が多い

一番よく聞かれる「トホホ」はこれです。せっかく海外発行のクレジットカードを作ったのに、いざ日本国内で使おうとすると使えない店が増えてきていると言われています。原因は、海外発行カードの場合、「カード会社への登録情報に時間がかかる」からということのようです。


実際、日本のネットサービスで使おうと思って何枚も試してみたけれど、結局、海外発行のカードではどれも利用できず、ネットでの購入自体を諦めてしまったなんていうケースもあります。

大切な買い物や、緊急の発送が必要な品などは、いざというときに「トホホ」とならないように十分な要注意です。


急に利用停止されることがある

数日前までは普通にネットショップで使えていた海外発行のクレジットカードが急に利用できなくなることがあります
下記のような注意書きを目にしました。


「現在、海外発行クレジットカードで○○○の購入に「自動継続設定」をご利用いただいている場合には、取り扱い停止日時以降の与信の際にエラーが発生し、自動継続が停止となります。(中略)お手数ではございますが、【利用権残日数5日前】までに、ご登録クレジットカード情報を国内発行のクレジットカードに変更していただきますよう、お願いいたします。」


こうした通達は、利用停止日よりも前に事前に連絡がある場合がほとんどですが、この事前連絡を見落としていたために、与信エラーが発生してしまいサービスの利用が停止されて、「とほほ」な目にあった人もいます。


支払いは「1回払いのみ」

意外に多い「トホホ」な失敗に「海外発行カードは1回払いのみ」ということを知らずに起こるケースがあります。日本発行のカードにある、「一括払い」「リボ払い」「回数指定払い」という支払方法は日本独特のものなのです。


たとえばアメリカのケースでいうとすると、VISAカードやマスターカードは銀行が発行しているので、月々の請求金額は、通常はこれまでの利用残高によって決まります。請求されるのは支払額に応じたミニマムの金額だけとなります。


それ以外の国でもクレジットカードは主に銀行の発行なので、支払方法は銀行とカード保持者のあいだでどのように支払うかがあらかじめ決めているのが普通です。なので、海外発行のクレジットカードの所有者に店が支払い回数を聞くことはまずないのです


利用限度額が低い

海外で作ったカードの場合、国内のカードに比べて、利用限度額が著しく低く、限度額が上がるまでは最初は使い物にならないことがあります。


海外に赴任直後にできたガールフレンドの誕生日に、ちょっと高価なプレゼントをしようとクレジットカードを利用しようとしたところ、店側から利用を断られてしまったたり、家族でせっかくの食事の後、限度額がオーバーしたから使えずカードを返されてしまったなんていうケースをよく聞きます。


知名度が低い

日本国内で海外発行のクレジットカードのキャッシング利用ができるATMは、まだまだ見つけにくいのです。


例えば成田空港の制限区域内でのことですが、少額の現金を用意するためにキャッシング利用しようと「PLUS」マークのついたATMを探したことがあります。


なかなか見つからず、空港の案内所で「PLUS」のATMの場所を聞いたところ、受付の方は「??」でした。結局、空港内をウロウロして何とかセブン銀行のATMを見つけました。日本では「PLUS」の認知はまだまだ低いようです。


安全性にも難が

外国人が日本で利用するEコマースを開始しようとした経営者が、海外発行のカードがシステム上利用可能かどうかサービス担当者に問い合わせたところ、以下のような回答があって「トホホ」だったことがあります。


「システム上で海外発行のクレジットカードを使用不可にしていることはありませんが、海外発行のクレジットカードのご利用は不正利用が多く、万が一被害にあわれましても、弊社(Eコマースサポート会社)では損害の保証はできません。購入者からの問合せには店舗側で対応していただきたい。」


これでは外国人相手にネットサービスを開始すること自体が危ぶまれます。全く「トホホ」な話でした。


為替差損が発生

海外発行のカードを使ったショッピングやキャッシングなどの利用は、現地通貨で支払いが請求されます。利用後、支払いの期日までの間に円安になると、円建てで換算だと支払額は割高になるのです


このため、海外から帰国前に多額の商品を購入し、支払い時には日本に帰国していた場合など、円安ドル高に為替変動したために、想定よりも5%程「割高」に感じる請求が後日届いて「トホホ」な思いをした人がいます。


残高照会ができない

ゆうちょ銀行のATMでは、日本国外の金融機関が発行したクレジットカードやキャッシュカードからでも、現金の引出しが可能です。これは海外カードの利用者にとっては頼もしいことですが、なんと「残高照会」が利用できません


急なキャッシングを行おうとしたけれど、キャッシング可能額が分からず、何度も少額を引き出さねばならなくて「トホホ」な思いをすることがあります。


寄付のための送金ができない

「Yahoo!かんたん決済」などを利用する際には日本国内で発行されたクレジットカードのみ利用可能なことが多いのですが、海外で発行されたクレジットカードは利用登録を拒否されてしまうため、PayPalなどを利用した上でクレジットカード決済することになります


たとえば被災者に寄付をしたい場合などにも手続きが煩雑になり、せっかくの善意が「トホホ」になるケースがあります。


デビットカードとの違い

カードの利用とは直接関係ありませんが、近年、海外発行のクレジットカードが簡単に発行できるような印象を与えて多額の仲介料や手数料を取りながらも、実際にはクレジットカードではなくデビットカードの発行手続きを行う悪質な業者がいます。


デビットカードは、これまでのクレジットカード加盟店で使用できますが、一方で、キャッシングや利用代金の後払いができないなど、日本のクレジットカードとは全く異なるものです


海外発行のクレジットカードが簡単に発行されるような印象を与える広告を目にしたら注意が必要です。


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ
⇒ 外貨両替を安い手数料で済ませたいならクレジットカードを使おう



すぐにクレジットカードを作りたい方に人気NO,1のクレカ

アコムマスターカード